FC2ブログ

カリカリカリウム

カテゴリ: 日常  / テーマ: 医療・病気・治療  / ジャンル: 心と身体

ここ数年、クレアチニン値とカリウム値が少し高めで
胸痛などあった事から、心筋梗塞とか心配してて、
ここ1ヶ月ばかり咳が続くので、内科を受診しました。

咳も胸痛も、逆流性食道炎の症状でしょう、との事でした。
念のため心電図もとったのですが、正常でした。

カリウム……でも気になる。

看護婦さんが、カリウムの多い食品のリストをくれました。
確認すると、私の好物ばかり(;´Д`)

ナッツ類、ドライフルーツ、玄米、
野菜ジュース、緑茶、コーヒー、
きなこ、かぼちゃ、キノコ類……

特に野菜ジュースとか、パッケージを見ると、
コップ一杯で、600mgとか700mgとか入ってる。

いや、まて。
クレアチニン値が高いのがそもそもの発端だから、
そこを治療するべきなんだろうね。
腎機能の問題かと。

それにしても、眼科、整形外科、内科、精神科、歯科……
軽く指折って数えても通院パレード。

このまま五病息災で行かないとなのかなぁ~

 

編集 / 2019.11.01 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑

お薬のシンプル化

カテゴリ: お薬  / テーマ: メンタルヘルス  / ジャンル: 心と身体

都合で3週間ぶりに受診。
今回でレクサプロは終了です。
先生は、離脱症状を心配して、
5mgを2週間挟む事を提案されましたが、
私はもうなしにしてもらうことを希望しました。

リフレックスを抜いた時のように、
みるみるうちに食欲が落ちたらいいなぁ……
そんな気分です。

それに、デパスの離脱を経験していたので、
短期間だし、あれほどひどい離脱症状はないんじゃないかと。

先生は、ゆくゆくはエビリファイもゼロにして
シンプルに、リーマスのみで気分をコントロールできるように
持って行く予定のようです。

今まで多剤投与だったので、ちょっと心配ですが
体からお薬が抜けていくのは良い感じなので
できることなら私自身、そうなるといいなと思います。


 

編集 / 2019.10.30 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑

さよならレクサプロ

カテゴリ: お薬  / テーマ: メンタルヘルス  / ジャンル: 心と身体

先生にハッキリ言いました。

一年かけて落とした体重が、2ヶ月で戻ってしまいました。
体が怠くて重くて、やる気が出ません。
一時は熱中したクロスステッチの刺しゅうも
最近は気分がのらなくてできません。
ましてや絵も描けません……

レクサプロを続ける意味ない気がします、と。

そしたら先生、あっさりと「では中止しましょう」と言ってくれた。

20mgを2ヶ月はのんできたので
離脱症状が出るかもしれないから、まず10mgに落として2週間。
様子を見て、断薬しましょうという事になりました。

あとは頑張ってまた体重落とさなくちゃ!

編集 / 2019.10.10 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑

レクサプロと過食

カテゴリ: お薬

忘れてたんです。

抗うつ剤で太った事を。

最近、妙に食欲がわいて、
食べても食べても次が欲しくなる。
空腹でもないのに、食べ続けてしまう。

レクサプロの仕業ですね。
先生に言ったら、運動するように勧められるだろうな……
この炎天下で、散歩とかしろと?

体重は徐々に増えてきている。
その内、体重に耐えかねた膝が
また痛み始める事だろうな……

あー嫌だ嫌だ。
もう太りたくない。


 

編集 / 2019.08.07 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑

レクサプロ②

カテゴリ: お薬  / テーマ: メンタルヘルス  / ジャンル: 心と身体

2週間経ってメンクリ受診。
先生に「レクサプロが吐き気で飲めない」と報告したら
「数日頑張れないですか?」的な事を言われた。

そして、吐き気止め(ナウゼリン)を1日3回処方と共に
前回朝食後だったレクサプロを夕食後に10mg1回。

吐くほどではないんだけど、もやもやむかむかと
非常に気持ちの悪い時間が再来。
ずっと船酔いしているみたい。

とにかく、耐えてみよう……その先にもっと楽な日々が
待っているのかもしれないから!


 

編集 / 2019.06.26 / コメント: 0 / トラックバック: - / PageTop↑

 HOME  >>Next

プロフィール

しゅり

Author:しゅり
統合失調感情障害
手帳・年金2級
自分の事でせいいっぱい

リンク

リンクフリーです。

ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter

Since 2012/03/28

pictlayer